山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

セルロースファイバーについて・その2

2008年 02月 08日 (金)

セルロースファイバー.JPG

セルロースファイバーは、既にご存知の方も多いと思いますが、約60年前にアメリカで開発された新聞紙の古紙を100パーセント原料として作られた完全なリサイクル製品です。

先月、年賀はがきの古紙配合率の偽装が問題になりましたが、セルロースファイバーは古紙を配合をして製紙をするわけでなく、新聞紙の古紙を繊維状にした自然素材の断熱材ですので、配合率などはまったく関係なく100パーセントが古紙で作られています。

アメリカでのセルロースファイバーのシェアは、グラスウールなど他の断熱材を抑えてトップにたっています。

日本でも随分前から販売されたいましたが、専用の機械や技術者による施工が必要で、供給する所も少なかった事と、グラスウールに比べて割高感がある為、今一歩普及が遅れたのだと思います。

現在は、私が加盟しているグループの会員の大量生産と自社施工により、ローコスト化する事が出来ました。

セルロースファイバーは製造過程でも多くの燃料を使用して、鉱物を溶かして作られるグラスウールやロックウール、木質繊維ファイバー等と比べ40~50分の1のエネルギーで製造できます。

地球温暖化防止が叫ばれている現在、まさに今使用しなければならない断熱材なのです。

明日からは、セルロースファイバーの多くの性能について書いてみたいと思います。

            

«

»