山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

断熱材7種類の性能評価

2008年 02月 12日 (火)

今日は断熱材7種類の性能評価をしてみたいと思います。

グラスウール、ロックウール、ウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、セルロースファイバー、羊毛を価格、熱抵抗値、防虫性能、防音性能、防火性能の5項目で評価してみたい。

価格はグラスウールが最も安く、次にロックウールとポリスチレンフォーム。高めなのがウレタンフォームとセルロースファイバー。一番高いのが羊毛です。

熱抵抗はグラスウールが一番悪く、ウレタンフォームとポリスチレンフォームが一番良い。後の3種類は中ほどでおおよそ同じ性能です。

防虫についてはセルロースファイバーのみが評価され、後の5種類はまるで評価されていません。

防音についてはグラスウールが一番低く、次にロックウール、ウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム。セルロースファイバーが一番良く、2番手が羊毛です。

防火性能はウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、羊毛が評価が低く、グラスウールがその次、ロックウールとセルロスファイバーが一番評価が良いです。

それぞれの評価に対して、最も良いに5点。良いに3点。普通に2点。悪いに1点。以上の採点をすると羊毛が10点。グラスウールとポリスチレンフォームが11点。ウレタンフォームが12点。ロックウールが14点。セルロースファイバーが最高得点で20点です。

断熱材は、熱抵抗が高ければ良い、ただ安ければ良いというものではありません。断熱、防虫、防音、調湿の全ての性能を併せ持つセルロースファイバーをお勧めしたいと思います。

«

»