山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

リフォーム施工事例

劣化で横割れした基礎コンクリートの補強工事

昭和40年代から50年代、粗悪なコンクリート打設が原因で劣化した基礎コンクリート。
鉄筋がサビ、横割れし簡単にボロボロと割れ落ちる強度を失った
基礎に鉄筋を貫通させて内と外に加工し、型枠を組み立てて生コンを既存コンクリートの内外にサンドイッチ状態に打設して補強しました。

  • 横割れした基礎(外部)
  • 横割れした基礎(内部)
  • 鉄筋加工(外部)
  • 鉄筋加工(内部)
  • 生コンクリート打設
  • 基礎補強工事完了