山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

高性能住宅

私の家造りが必ず成功に導ける理由は・・・

私の家造りが必ず成功に導ける理由は… 家を造っていく過程でその都度打ち合わせを行うやり方で、他社の打ち合わせ、決定方法と、その回数と密度が絶対的に違うからなのです。

  • ① 基本は他社と同様、平面図・立面図等ですが、実際にその家で生活する…という生活レベルで打ち合わせを行います。

  • ② ご契約後の打ち合わせの方がはるかに多く、サッシ、屋根、外壁、電気配線、外部水道などの位置は着工後、現場で行います。 特に電気配線は着工時、図面での打ち合わせも行いますが、配線工事完了後、実際に現場で位置確認を行います。 この段階での位置変更は可能です。

  • ③ その後屋内詳細工事につきましては、その都度現場で、実際のスペース等をマスキングテープで位置出しを行い、一つ一つご確認していただきながら決定します。

  • ④ 工事最終段階であっても可能な限り、お客様のご要望が叶えられるように知恵を絞り、工夫を重ねる努力をしています。

セルロースファイバーだけが成せる究極の健康住宅

『セルロースファイバー』を使用した『高気密・高断熱』住宅です。
は、セルロースファイバーの吸放湿作用によって屋内の湿度が抑えられます。屋外から屋内に入った時に『涼しく』感じられるのは、セルロースファイバーによる自然の除湿によるものです。40坪程度の平屋であれば、リビングのエアコン1台で全館冷房が可能です。快適に過ごせる温度と湿度まで下げると、エアコンを止めてもその効果が長く保てます。
は、僅かな熱源で快適に過ごせます。『春と秋』のように冷暖房が不要な、気温が20度位の時の様な居住空間になります。天井・壁・床の温度差がなく、室温と床の温度が同一になりますのでイニシャル・ランニング共にコストがかかる『床暖房』は全く不要です。 これまでのデータでは、真冬で一番の寒気という日でも朝の室温が15度を下廻る事はありません。 この為僅か3~5度を上げるだけでセーブ運転になりますので、電気代も少なくて済みます。 余計な設備を取付けなくても快適な毎日が過ごせる家こそが『高性能住宅』です。