山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

家づくりの流れ

1ご希望のお住まいの打ち合わせ

初めにお客様がどのようなお住まいをお求めなのか、お住まいにどのようなご要望をお持ちなのかをお伺いし、私がその事を正確につかまなければなりません。言葉で伝えていただいても結構ですし、雑誌のキリヌキを見せていただいても構いません。お客様がどの様なお住まいをお求めなのかが私に伝われば良いのです。『他社で出来ません』と断られた事でも可能なケースもあります。どんな小さなご要望でもご遠慮なくお話ししてください。『こんなのがあったら良いな~』という漠然とした事でも構いません。それらを全てお伺いして、一つ一つクリアーしながらご希望のプランを考えさせていただきます。


2設計プランの打ち合わせ

お客様のご要望に沿って基本設計をします。プランが出来ましたら打ち合わせをさせていただきます。打ち合わせの後、さらにご要望がございましたらご遠慮なくお伝えください。『これしかない』というベストプランが出来るまで作成します。


3御見積り

打ち合わせに沿って御見積りをさせていただきます。弊社の場合は、基本的に他社が別途予算扱いにしている仮設工事や屋外給排水工事、屋外電気工事、カーテン、照明器具、諸経費等を含めた御見積りを提出させていただいています。現在は、地盤改良工事の予算取りも念頭に置いておかなければなりません。


4ご契約

御見積り金額の打ち合わせが終わり、ご了解いただけましたら工事請負契約を締結させていただきます。工事範囲や住宅設備などの予算を合わせてご確認いただきます。


5確認申請手続き

建築基準法上に問題はないか、構造上に問題はないか等を全てチェックして確認申請の手続を行います。


6着工

確認申請の許可がおりましたらいよいよ着工です。地鎮祭を終えた後、基礎工事に入ります。弊社はベタ基礎が標準です。他社と大きく異なることは基礎外周部のコンクリートの屋外側にボード状の断熱材を張る『基礎外断熱』の施工をしている事と、基礎の高さが地面より50㎝と一般の基礎を較べ約15センチも高いという所です。基礎外断熱はコンクリートを直接外気にふれさせてない事で、外気の温度に左右されない基礎内空間をつくります。高い基礎は床下体積を増やすと共に後々に床下に入りメンテナンスとする時も楽々です。


7上棟

基礎工事が完了しましたら、いよいよ上棟です。お施主様におかれましては、これまで図面や打ち合わせを重ねてきた事がやっと形となって現れる感動の日を迎える訳です。上棟後、毎日毎日工事が進み、次第に我が家が出来上がって行くよろこびは筆舌に表し難いものです。


いよいよ工事の着工です。


8工事途中の打ち合わせ

お施主様もだんだんと形になって行く我が家を見られると色々なご要望が芽生えてくるものです。

図面の打ち合わせで家のすべてをお施主様が判断される事はとても無理な事です。形が見え始めてから判る事が多くあって当然なのです。大幅な変更は無理ですが、出来る限りの事は工事途中でも対応させていただいています。その都度、現場で打ち合わせを行い、より満足度の高い家づくりを目指しています。特に電気のスイッチやコンセントの位置は基本的に打ち合わせの図面に従って配線しますが、現場で実際の位置をご確認いただき、変更箇所や追加があれば即対応させていただいています。


9仕上げ

内装の漆喰の色や外装の塗り壁の色、タイルなどの打ち合わせを工事の進捗状況に沿って決めさせていただきます。押し入れの棚や収納などの高さや段数はスケール片手に一ヵ所一ヵ所決定します。

オリジナル建具の時は、建具の型やハンドルなども決めていただきます。照明器具やカーテン等は完成が近くなる頃に決定します。


10完成

長い間、床に敷いてあった養生を外し、清掃を行います。全ての住器が取り付けられ、ミスはないかをそれぞれの業者が確認します。最終的なチェックは私が行い、不備な点があれば補正します。

床下の基礎内の掃除掛けはこの時点で行います。『普段目にしない所こそきれいにする』。立場を逆転し、自分がされて『イヤ』と思う事はしない、『嬉しい』と思う事は行う。弊社をスタートさせた時から一貫として行っている基本方針のひとつです。


11御引き渡し

各部屋の照明やコンセント、住設機器の試運転、サッシ建具の開閉、キズの有無などの確認の上、御引き渡しをさせていただきます。


12アフターメンテナンス

御引き渡し後3カ月、6カ月、1年、その後1年に最低1回は定期訪問を致します。

何らかの不都合があり、ご連絡をいただいた時は年中無休で対応させていただいています。