山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

家づくりの想い

想い

『家』づくりは、基礎屋さん・木材屋さん・大工さん・瓦屋さん・電気屋さん・水道屋さん……

そのほか数多くの職人さんたちの総力で成り立っています。良い材料と高い技術は、良い家を建てるのに必要なことです。

しかし最も大切なことは、家づくりにかける『想いの差』であると私は思っています。

建てる側の『お施主様のために何とかして差し上げたい』という想いが、強いか弱いかで、出来上がる家の完成度と満足度が左右されると、私は確信しています。

30年前の辛い経験から私が学んだこと

家づくりの失敗

私は若い頃、建築業界とは全く縁のない業種でサラリーマンをしていました。

建築のことなど全く分かるはずもなく、家づくりはまさに手探り状態でした。

もちろん不安もありましたが、それ以上に「誰もが憧れる“マイホーム”を自分も持つことができるのだ」というワクワクした気持ちでいっぱいでした。

家づくりは、地元の工務店さんと進めていくことにしました。

しかし……そんな楽しい気持ちとは裏腹に、ずさんな現場監理によって、打ち合わせ内容とは違った家が出来上がり、とても嫌な想いをしながら引き渡しを受ける結果となってしまいました。

「地元の工務店なんかにお願いしたのが悪かったんだ……」そう自分に言い聞かせるしかありませんでした。

再びの苦い経験

失敗

自宅を建てて3年くらい経ったころ、元の家があった場所に、今度はアパートを建てる計画をしました。

前回の苦い経験を踏まえて、今度は大手のハウスメーカーにお願いすることにしました。

「大手であれば絶対に安心だ」と信じていたのですが、私の寄せた信頼は、またしても見事に裏切られる結果となりました。

人生で、1度ならず2度も、家づくりで苦い経験をすることとなったのです。

「建築業界とはこんな所なのか……もうどこも信用できない」

当時の私は、正直、そう思いました。

私と同じ苦しみを他の人に味わって欲しくない!!

ポリシー

その辛い経験から30年以上が経った今、私は、不信感しかなかった建築業界で働いています。

「自分が建てる側になって、良い家を建ててあげたい。

自分と同じ苦しみを他の人に味わって欲しくない」と決意したからです。

最初にお話しした通り、私は建築業界とは全く縁のない業種で働いていた為、建築の知識も経験もありませんでした。

ただ、家づくりにかける『想い』だけは誰にも負けない自信がありました。

その想いは今日まで、そして、これからも変わることなく持ち続けていきます。

良い家を造るための『取り組み』

私の長年に渡る経験から得た『想い』をお話しさせていただきました。

家づくりの想いは誰にも負けません。

ただ、想いだけでは良い家が造れないのも事実です。

トータルハウジングでは、想いにプラスして、様々な面で良い家を造るための『取り組み』を行っています。