山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

『真面目』で『正直者』に家づくりを依頼する。

2018年 08月 20日 (月)

これから家造りを依頼する会社、および担当者が『親身になって対応してくれない』とか、『いい加減な気がする』、『施主の意見より会社の都合に何とか当てはめようといろいろと説得してくる』等に気付いたけれど、すでに契約してしまっているし、今更断ることが出来ない…。と云う方がおられましたら一分一秒でも早く、勇気を出して断ってください。

家を造る前、いわゆる打ち合わせの段階からその様に思われる事があるとしたら、その方の家づくりは100パーセント失敗される事が解っているからです。工事に着手する前ですと、基本的には設計料と確認申請手数料、工事請負契約金等を支払えば話が付くと思います。言いにくいからと先延ばしにすればするほど、言えなくなるし、違約金も増えていきます。

家づくりを依頼する人は『真面目』であり、なおかつ『 正直者』が一番良いのではないでしょうか…?。

«

»