山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

銅板に穴

2009年 06月 13日 (土)

弊社で15年前に建てていただいたお施主さん宅にお伺いして、屋根瓦の谷に使用している銅板の点検をしました。

以前は末代物といわれ、屋根瓦の本谷や庇の屋根に使用していた『銅板』ですが、酸性雨の影響で穴が開くので、10数年前頃からステンレスに変えています。

点検をしたところ、まだ穴は開いておらず、もう2~3年様子を見てみようということになりました。

谷.JPG

過去、銅板の本谷を入れ替えた現場は大体築後20年から25年の所が多いですので、あと5年くらいは大丈夫かもしれませんが、『転ばぬ先の杖』で3年後頃にステンレスを入れ替える事がベストだと思います。

ダブル断熱+気密+遮熱の家づくり 有限会社トータルハウジングのホームページへ

«

»