山口県宇部市の注文住宅なら地元工務店のトータルハウジング

スタッフブログ

山口県産材住宅を建てます

2008年 11月 11日 (火)

おはようございます。宇部市で自然素材をふんだんに使用した健康住宅を造っているトータルハウジングの坂田です。

地元で育った木を使って家を造る『県産材住宅』を建てて欲しいというお施主様のご要望もありまして昨日、製材工場とプレカット工場に行って来ました。

その製材工場の会長さんとは27年前からの付き合いがあるのですが(お会いしたのは17年ぶりでなかなか思い出していただけませんでした)、本格的に材料を取引しようと思って伺ったのは初めてです。

若社長さんや事務の方も17年ぶりにお会いし、実に懐かしいひと時でした。約10年前に移転したという工場も初めて見させて頂きました。工場は随分広く、県産材の桧や杉の丸太や製材した材料が所狭しと置かれていました(写真を撮ってくればよかった)。

今までは検討もしたことがなかった県産材を使用した住宅に50万円の助成金がお施主様に出る制度も遅ればせながら検討してみたいと思います。

『外断熱工法』で培ったノウハウにオーパス『ダブル断熱工法』を加え、さらに地元の木を使ったトータルハウジング独自の健康住宅を造って行きたいと思います。

«

»